FC2ブログ

Bancdoux ~心地いい暮らしの雑貨店~

徳島県阿南市にある、小さな暮らしの雑貨店
0

クリスマスノオクリモノ展~聖夜の窓辺より~ 参加作家さまのご紹介です。

明日よりはじまります、冬の企画展
『クリスマスノオクリモノ展~聖夜の窓辺より~』
 12月8日~26日

参加作家さま10人をご紹介いたします。

まずはこの企画展の副題を決める元となった平野照子さまより―
image2a.jpg
―平野照子―
新潟・陶器オブジェ

・❖・

平野さんの作品とはじめて出会ったのは去年の春頃。
インスタグラムをなんとなく覗いていた時、目に飛び込んできた女性の白い胸像に心臓をキュッと掴まれました。
この方の作品をBancdoux飾ってみたい、とほぼ衝動的にご連絡させていただいたのがきっかけで、他の作品を見るにつけますますファンになりました。

絵本の挿絵のように物語を感じるオブジェたち。
それもそのはずで、平野さんはまず詩を書いてからそのイメージの人のオブジェを制作していくそうです。

そのため平野さんの作品は詩の世界を担う唯一もの。
今までの作品を作品集としてフォトブックにされているのですが、作品集というよりは写真付きの詩集と言った方がしっくりきます。

企画展ではこちらの作品集もオーダー制でお取扱いいたします。
サンプルの作品集をゆっくりめくって、その世界観をお楽しみください。

〔メッセージ〕
初めての徳島での展示になります。
温暖な徳島と違って、私の住む新潟は冬になると辺りは真っ白な雪に
すっぽりと覆われてしまいます。音のない、静かな時間です。
クリスマスに合わせ、そんな静かな時間を作品から感じていただけたらと思います。
よろしくお願い致します。
〔プロフィール〕
1972年生まれ 宮城県出身
1997年より坂爪勝幸氏に師事
2001年より新潟県中心に発表を続ける
2002年より企画展、グループ展などで作品発表している
2010、2011年 クラフトフェア松本参加
2012年 工房からの風参加
2010年より自宅工房「ceramic studio apetope」にて制作を続ける
2012年より自宅敷地内に日曜日のみ「ギャラリーショップ草舟」開廊 県内外のクラフト、アート作家の作品を企画展などで紹介している

IMG_20181022_140237_459.jpg
ー月の環ー
岐阜県・木+異素材のアクセサリー
・❖・
全国あちこちの雑貨店でお取扱いのある月の環さん。
私も初めて作品にお目にかかったのは神戸の雑貨店co-fuque(コフク)さんで、でした。

その時はトリモチーフのブローチに一目惚れしたのですが、SNSで拝見するとビーズや真鍮、果ては刺繍まで、実にたくさんの素材を組み合わせてアクセサリーを作る多彩な方でした。

それでもやはり思うのは、木がお好きなんだろうなということ。

異素材を組み合わせても、それは木の良さを引き出し身に着ける人を楽しませるためのもの。

今回もいろいろと作品をリクエストさせていただきました。
初チャレンジの新作も届けてくださるようです。

現在は岐阜県在住の月の環さんですが、聞くとお身内の方が阿南に住んでいたことがあったりお遍路で回ったことがあったりと、びっくりなご縁のある方でした。
そんな方の作品に魅かれてお取扱いできるのはとても嬉しく光栄なことです♪
皆さまにもぜひお楽しみいただければと思います。

〔メッセージ〕
岐阜県飛騨高山にて木のアクセサリーを制作しております。
様々な木を使い、自然の色や質感を生かしたモノづくりをしております。
木の持つ美しさや、優しく温かみのある雰囲気を楽しんでいただけたらと思います。


IMG_20181018_144030_217.jpg
ーlemon treeー
大阪府在住・ワイヤーワーク
・❖・
針金一本で様々な世界を創り出すlemon treeさん。
モノトーンのデッサン画がにょきりとこちら側に飛び出してきたような精緻な作りの針金細工は、華奢なのに見る者を強くひきつけます。

静かに佇む細やかな線のみで現されたこのオブジェを前にすると、自分自身のモノを捉える目を計られているような気持になります…
静かな冬の景色に似合うwire worksのオブジェたち。

そのままオンリーでも、他の飾りと一緒でも、うまく馴染んでくれる子たちです。
窓辺やちょっとの空間にお迎えしてお楽しみください。

〔メッセージ〕
シンプルでどこか懐かしい針金の作品を制作しています。
クリスマスらしい作品を主にお届けしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。


20181202_183854.jpg
ーSEESAW WORKS-
兵庫県・陶土アクセサリー
・❖・
随分前からインスタグラムでフォローさせていただいていたclay accessoryの作り手SEESAW さん。

パッと見「ん?何で出来てるの?」と分からないような不思議な表情をもつアクセサリーたち。
重厚感あるテクスチャーなのに手に取るとその軽さに驚くこともあります。

私も1つブローチを愛用しているのですが(これを書いている今も左胸に付けてます)とっても使い勝手が良いので重宝しています。
主張が強すぎずどんな服にも合わせやすいのに、しっかり可愛い。
ぜひ一つは持っていたい、名脇役なアクセサリーたちですよ。

〔プロフィール〕
京都工芸繊維大学大学院
造形工学専攻 修士課程修了のち、
広告制作会社にてコピーライティング、
ディレクションに携わる。
退社後制作をはじめる。
〔メッセージ〕
幼い頃、サンタさんに魔法のステッキが欲しいと願ったことがありました。
もちろん本物が届くわけもなく、魔法を使えるようにはなりませんでしたが、大人になった今は、ちょっと不思議な形をしたお花や幾何学形のアクセサリーを作るようになりました。
聖夜、いつもの装いをすこし華やかに仕立て上げて。
大人になった女性たちに、夢見心地な気分をお届けできるよう願っています。

IMG_20181202_190530_043.jpg
ーMiwa usui-
兵庫県・銅版画
・❖・
以前カレンダーをお取扱いさせていただいた銅版画家のMiwa usuiさん。
単なる銅版画にとどまらず、真鍮のかけらやドライフラワー、蝋引きや洋書など、いろいろな素材を組み合わせて作るというなんとも私好みの(笑)ハイブリッドな作品作りをされています。

抽象画にも近いような一枚の紙の中に切り取られた世界がBancdouxの壁にどう写し出されるのか、今からドキドキ♪
皆さまもどうぞお楽しみください。

ポストカードサイズの作品はフレーム付きとそのままのものがあります。
ご希望により入れ替えてご提供できますので、遠慮なくお申し付けくださいませ。

〔プロフィール〕
Miwa USUI
広島県出身 兵庫県在住
1998年〜2009年 広島・一径工房にて銅版画を学ぶ。
1999年 パリ・アトリエコントルポアンにて銅版画・一版多色刷を学ぶ。
2011年より 宝塚市の自宅にて制作
〔メッセージ〕
ツリーやキャンドルの版画を中心にご用意いたしました。
聖夜を迎えるまでのわくわくする日々に添えられますように。


商品画像4
ーHandwork Stilla (ハンドワークスティッラ)ー
和歌山・彫金アクセサリー
・❖・
彼女の創るアクセサリーは、抽象的だけれど自然の恵みを感じさせるフォルムが特徴的です。

ツブツブ、ナミナミ、アミアミ。
つい擬音で表したくなるアクセサリーは、真鍮製の日常使いのものから、K10 yellow gold のジュエリーランクのものまで揃います。

今年は春のチルチンびとマーケットにも出店され、徳島でのファンも着実に増えていっているのではないでしょうか。

モノトーンの大人な装いにも、
カジュアルなデニムスタイルにも似合う、大人の女性のための装身具をお楽しみください。

〔プロフィール〕
アクセサリーデザイン・制作・販売会社に勤務

日本宝飾クラフト学院にて
貴金属加工・ワックス加工・ジュエリーデザイン・宝石鑑別を学ぶ

Handwork Stilla を立ち上げ作家活動開始

京都の百万遍さんの手づくり市やその他クラフトマーケットなどに出店


20181205_085042.jpg
ー安見工房ー
滋賀県・陶芸
・❖・
以前うつわ展でお世話になった安見工房さん。

柔らかな粉引に呉須などで絵付けされたうつわは、この季節の食卓にぴったり。

眺めて楽しく、使って心地良い。
そんな毎日の暮らしにふさわしい、ご夫婦で作陶されているうつわたち。

今回はプレートに小鉢にめし椀にマグカップにと、本当に多岐にわたりご用意いただきました。
ぜひお手に取って眺めてお楽しみください。

〔プロフィール〕(安見麻紀)
1969 大阪府大阪生まれ
1992 大阪芸術大学芸術学部工芸学科 陶芸コース卒業
1994 滋賀県甲賀市信楽町に移り、城山陶器商事会社 企画室勤務
1999 グッドデザイン賞受賞
2000 グッドデザイン賞受賞
現在、夫婦で安見工房として活動中


tumugis.jpg
ーTumugi+sーツムギプラスエスー
徳島・ハーバリウム
・❖・
県内各地のイベントやお店でのワークショップで活躍中の‘セッキーさん‘ことツムギプラスエスさん。
とてもオープンマインドな彼女は初対面でもスッと懐に入ることができる人。

それはお花に対しても同じなのでしょう。
お花の個性に寄り添い無理させず、いい状態に持っていってくれる。
クリスマスノオクリモノ展のために、大人可愛いハーバリウムたちをたくさん仕立てて来てくれました♪

セッキーさん厳選のお花たちを使ってのハーバリウムワークショップも開催いたします。

「ハーバリウムワークショップ」
◇日時:12月16日
 一回目:10:00~
 二回目:13:00~
◇料金:¥3000(税別)
◇参加人数:各回4人
ご希望の方は
℡ 090-7148-8795
メッセージ、店頭にて、ご予約お受けしております。
まだ一回目・二回目ともお席に空きがありますので、どうぞお気軽にご参加くださいね。


IMG_20181020_104519.jpg
ー輪島明子ー
富山県在住・ガラス
・❖・
ガラスのオブジェが好きです。
うつわは、ガラスと言えば夏!なイメージなのですが…オブジェに限っては冬にこそ飾りたい。
ピンと張った冷たい空気に、ガラスの透明感や質感が似合うのかもしれません。

輪島さんの作品はガラスなのにとても温かみがあります。
さわると人肌の温度なのではと思ってしまうような柔らかさ、その中でゆらゆらと揺れるモチーフや街並み。
木の葉からこぼれ落ちる寸前のしずくを固めたような優しい美しさです。

今回はクリスマスに合わせて、キリっとした雰囲気のものも制作していただいているようです。
中が、向こうが、透けて見える数少ないマテリアルのガラスが作る景色に魅せられてください。

〔プロフィール〕
1978 愛知県額田郡幸田町生まれ
2000 静岡大学農学部森林資源科学科卒業
2003-2007
   ボンホルムガラス陶芸学校ガラス科(デンマーク)
2008-2011
   富山ガラス工房勤務
2011 富山にて制作活動開始
〔メッセージ〕
クリスマスは、だんだん日が短くなる季節を楽しむ人々の知恵だと思います。
初冬の光を溜めて輝く作品達を楽しんでいただければと願っております。


brasstree.jpg
ーbrasstreeー
兵庫県・金工と天然素材のアクセサリー
・❖・
トリを飾るのは、今回無理難題を言って(作家の皆さんに実は無理言ってるのですが)いろいろとオーダーさせていただいたbrasstreeさん。

名の付く通り真鍮を中心に、ガラスや天然石、日本画の絵付けに用いられる胡粉(貝殻を砕いて粉にしたもの)などの一風変わった天然素材を使用して様々なアクセサリーを制作されています。

今回は何度も連絡を重ねて完成に至ったモビールをぜひ!見ていただきたいと思います。

インテリアとして発注したのですが、なんとbrasstreeさん、それでは飽き足らず多用途に楽しんでいただけるように、とモビールのモチーフを取り外してネックレスのチャームになる仕様に。
アクセサリーとしても楽しめるように仕立ててくれたんです!
なかなか思いつかない、思い切った工夫です。
1つで2度おいしいモビールが届きました。

もちろん純粋なアクセサリーたちも素敵なものがたくさん届いています。
自然素材をうまく取り込んだ金工の装身具は、冬の日射しにキラキラと輝きます。

〔メッセージ〕
真鍮などの金属とバーナーワークで制作したガラスやドライフラワーなどの
自然素材を組み合わせたアクセサリー。
身につける事でお守りのようにやさしく寄り添い、
日々の暮らしに潤いを与えてくれる、そんな存在でありたいと願いを込めて…。
〔プロフィール〕
10年以上にわたり、広告全般・イラストなどのデザイン業務を続け、培った経験を活かし、2015年8月よりブローチ・アクセサリー制作を始めました。
真鍮という使い込んでいくことで出てくる風合いの変化と
様々な自然の造形美に魅力を感じアクセサリーを制作しています。

関連記事
スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://bancdoux.blog27.fc2.com/tb.php/799-f166b6da